借金返済

MENU
もし、あなたが借金の返済でしんどい思いをしているのなら、
一番楽な方法を選びませんか?

もう無理して払い続ける必要はないんですよ。

もう借金が払えない・・・

借金が払えない時は、精神的にとてもしんどいですよね?

 

実は私も以前、3社の消費者金融と1社のクレジットカードで総額400万円程の借金をしておりました。
毎月13万円の返済をしないといけなかったのです。

 

しかし、、、

 

毎月13万円も払い続ける事は不可能。

 

そして、次第に期日までに払えなくなり、結局借金は払えない状態になってしまったのです。

 

返済期日を過ぎると、すぐに催促の電話がジャンジャン鳴ってきます。
電話に出るまで毎日ジャンジャン鳴り続けます。

 

しかし、電話の声は女性でわりと優しい雰囲気で、
「支払いの確認ができませんでしたが、どうなされましたか?」
といった感じでしたので、私は少し安心したことを覚えています。

 

そして、「いつまでにお支払いして頂けますか?」と聞かれたので、
「1週間後には払います。」と答えると、「必ずお願いします。」と念を押されるのです。

 

その間に、私は親に頭を下げてなんとかお金を借り、約束通り1週間後に返済をしていたのですが、
そんな事が、毎月続くわけがありません。。。

 

もう、どこの消費者金融も、カードローンも審査が通らなくなり、お金を借りることができません。
あとはヤミ金に借りるしかない、、、そんな状態になりました。

 

すると、今度は1週間後の約束も守れなくなり、またもや電話がジャンジャンと鳴ってくるのです。

 

しかも、今度は女性の声ではなく男性の声で借金返済の催促をされ、少し高圧的な印象を受けました。
正直、怖かったです…

 

ハッキリ言って、この時の私には毎月13万円も借金を払う返済能力はありませんでした。

 

しかし、払わないといけない…
この一心で、なんとかお金をやりくりしていたのですが、もう限界。。。

 

そこで、私はもう楽になりたいと思って、楽な方法を選択したのです。

借金の返済額が半分以下に、借金の総額も3分の1減った!

楽な方法、、、それは債務整理です。

 

私は、ネットで見つけたある法律事務所に連絡を取り、借金の相談をすることにしたのです。

 

正直、債務整理なんて初めてのことなので、かなりドキドキしていましたが、
その弁護士の先生は、丁寧な口調で分かりやすく説明をしてくれました。

 

私は少し安心して、様々なお話を約1時間程させて頂きました。
その結果、ついに債務整理を行うことにしたのです。

 

債務整理をした結果、、、
即日から催促の電話は掛かってこない。
債務整理の内容が決まるまで、借金の支払いはしなくもいい。

(私の場合は3ヶ月間支払いをしなくてもよかったです。)

利息を払わなくてもいい。
毎月の返済額が半分以下の5万円になる。
借金の総額が減る可能性がある。

 

以上のようになるとのことでした。

 

私は、一気に心が晴れた気分になりました。

 

もう、今日から催促の電話が掛かってこなくなるだけでも
かなり楽なのに、とりあえず3ヶ月間は借金の支払いをしなくてもいいのです。
なんでもっと早く債務整理をしなかったんだろうと思うぐらい、心が楽になりました。

 

それから3ヶ月間、借金を払わない生活がこんなにも快適なのかと、とても実感しました。
返済日を気にする必要もありませんし、催促の電話にビクビクする必要もありません。
もう借金返済の事で悩まなくてもいいのです。

 

それからしばらく経った頃、もう1つ嬉しいお話が飛び込んできたのです。

 

どうやら私は払い過ぎた利息(過払い金)があったようで、
400万円あった借金が、なんと270万円まで減額になったのです。

 

つまり、、、

債務整理する前

矢印

債務整理した後

このようになったのです。

 

正直、過払い金がこんなにもあったことに驚きました。
弁護士の先生によると、過払い金が戻ってきて借金が0円になった人もいるらしいのです。

 

私の場合、さすがに0円とまではいかなかったのですが、
それでも、これだけ借金の総額が減るのは、とても助かることです。

 

それから、3ヶ月が経ち、新たな借金の返済が始まりました。

 

しかし、以前と比べると考えられないほど楽になりました。
だって、毎月5万の返済でいいのですから。

 

これで、私も人並みに生活ができるようになったのです。

 

もし、あなたも以前の私と同じように、借金で苦しんでいるのでしたら、債務整理をすることをおすすめします。
考えられないほど、今より楽になれますよ。

 

あなたの借金はいくら減るか無料で診断してみませんか?

そこで、とても便利なサイトを見つけたのでご紹介したいと思います。

 

私もそうでしたが、いきなり法律事務所に債務整理の相談をしに行くのは、結構勇気がいります。
そんな時、こちらのサイトを利用すれば、実際に法律事務所で債務整理の相談をする前に、
あなたの毎月の借金返済額がいくら減額になるのかを無料で診断してくれるのです。

 

しかも、匿名で診断してくれるので、とりあえずこちらのサイトで、
毎月の返済額がいくらになるのかを確認してみてはいかがでしょうか?
その後に、債務整理をするかどうかじっくりと考えても遅くはありませんよ。

 

もしかしたら、借金が大幅に減るかもしれませんよ。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する

 

 

 

債務整理を行って“楽”になった方たちの体験談

パチンコで作った借金の債務整理

私は38歳の女性、独身です。
仕事は真面目にしていますし給料は人並み、交友関係も家庭にも問題はありません。

 

しかし自分がギャンブル依存症だとは、考えたこともありませんでした。
そう指摘をしてくれたのは、学生時代からの友人です。
彼女に「パチンコでの借金はしていないか?」と訊かれたとき、返事に困ってしまってしまいました。
その時すでに、借金は120万円ほどあったのです。
借金のほとんどがパチンコにつぎ込まれ、負けるとさらに不足した生活費にも充てられ、更に借金は増えていきました。

 

弁護士に相談することを勧めてくれたのも彼女です。
6社から借金していること、総額120万円であることを正直に話し、勧められるまま弁護士さんに相談しました。

 

すると弁護士さんは驚いたことに『まずは過払い金があるかを調べてみましょう』とおっしゃったのです。
過払い金などあるわけがないと思っていました。
何しろ私は10年以上もの間、借りては返し返してはまた借りて借金を増やし、借金の総額は120万円もあったのですから。
ところが、更に驚いたことに、2社に過払い金があるというのです。
最も付き合いの長い金融会社でした。
その金額は2社で15万円程度でしたが、何はともあれその2社は既に完済できていたということです。
つまり、私が総額120万円あると思っていた借金は、実はもっと少額だったのです。

 

まずは戻ってきた過払い金15万円で1社を完済させました。
残りは3社です。
残高を照会してもらうと、3社で合計45万円程度。
弁護士さんの勧めで3社分を1社にまとめて、返済を続けることにしたのです。
それまで1ヶ月の支払いは9万円ほどで、あっちからこっち、こっちからあっちとお金を回しながら遣り繰りしていたのですが、
これからは1ヶ月2万5千円程度の返済で済むようです。

 

自分の借金の正確な金額を把握していなかったこと自体、自分が情けないのですが。
貸し借りを繰り返し、数社からの借り入れがあると、把握できなくなってしまう恐れが誰しもあるのではないでしょうか。

 

いまは地道に借金を返済し、パチンコもほどほどにしています。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する

 

クレジットカードの借金地獄

私は、二人の子どもがいる主婦です。
主人はサラリーマンで、この不景気で給料は減額、ボーナスもカットになりました。
徐々に景気は回復しているとは言え、個人的にはその兆しも感じられません。

 

私の債務整理の話しを聞いてください。

 

主人の給料の減額は、生活に大打撃を与えました。
子どもたちが小さいので、私は働くことができません。
どんなに節約をしても、子どもが急に熱を出したり、主人の車が故障したりと、予定にない出費が続くと支払いが困難になります。
貯金を切り崩して使えるのも、残高が数十円になったところまで。
絶望的な気持ちで夜も眠れませんでした。

 

私はクレジットカードを3枚持っていました。
それぞれキャッシング機能もついているので、借り入れすることが可能です。
生活のためです。
遊ぶためでも、自分の欲を満足させるためでもありません。
クレジットカードのキャッシングということが、気持ちを軽くしていたかもしれません。
それを言い訳にキャッシングを繰り返しました。

 

3枚のクレジットカードの中で返済と借り入れの遣り繰りをして、お金がグルグル回る度に借入額が大きく膨らんでいきます。
公共料金の延滞、私の携帯電話は解約をし、結婚するときに母が持たせてくれた真珠のネックレスや独身時代に購入したブランド物のバッグも質に入れました。
それが何にもならないと、その時は思えなかったのです。
毎日、その日を暮らすことだけしか考えられませんでした。

 

気が付くと借金地獄です・・・。
慌てて子どもを母に預けてパートに出ましたが、微々たる稼ぎでは生活費の足しにするのが精いっぱいで借金は減りません。

 

主人の知るところとなったのは、その頃です。
クレジット会社からの督促状や催促の電話も頻繁にきます。
バレて当然でした。
愕然とする主人に、私は謝ることもできませんでした。
なぜなら、私もただただ必死だったからです。
むしろ、ひとりで翻弄していたことを偉いとさえ思っていたくらいです。

 

目が覚めたのは、主人の一言を聞いたときです。
「弁護士さんに相談しよう。必ずやり直せる。俺も頑張るから!」
自分の人生の中で“弁護士さん”にお世話になることがあるなんて!
現実を見た瞬間です。

 

その後は、弁護士さんに相談をして任意整理を勧められ多額な返済から少額の返済となり、利息が免除され返済額が減額となり、督促状も催促の電話もなくなりました。
やっと生き返ったような気持ちです。
主人と弁護士さんに、ただただ感謝するばかりです。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する

 

投資の失敗で130万円の借金

安月給でギリギリの生活をしていると、給料以外の収入が欲しくなりました。
投資の知識はありませんでしたが、FXなら気軽に始められると思ったのです。

 

最初は15万円の投資から。
それが1ヶ月後に7万円の利益を上げたのです。
いま思えば、ビギナーズラックというやつだったのでしょう。
私はFXにどんどんハマっていきました。
そして気が付くと、80万円だった貯金が120万円になっていたのです。
自分には才能があると思いました。
このまま続けて、こちらを本業にしても良いと考えたほどです。

 

しかし、負けたり勝ったりしながらプラスになっていた時期も束の間です。
徐々に負けが込みはじめたのです。
ピーク120万円だった貯金は、少しずつ減っていき、それを取り返そうと私は必死になったのです。

 

きっとまたプラスにできる!利益を上げたときの感覚が忘れられなかったのです。
とうとう貯金は底を尽きました。
そこで辞めれば良かったのです。
しかしまたすぐに取り戻せると思っている私は、手持ちのクレジットカードでキャッシングをしました。
手持ちのクレジットカードは3枚。
気が付くと貯金はゼロ、借金だけが130万円ありました。

 

私がFXをやめて債務整理をしようと思うには、ここまで借金が膨れ上がらなければ決心できなかったのです。
元々、安月給で始めたFXですから、借金を返済していくのも大変だったのです。

 

法律事務所に相談をして、できれば自己破産は避けたいということだけをお伝えしました。
担当弁護士は、私に個人再生を説明してくださり、私も納得の上で手続きに入ってもらいました。
個人再生は、返済する総額を減額してもらい3年間で返済する方法です。
私がしたことは、書類を揃えるくらいでした。
あとは弁護士さんや法律事務所の方がやってくれます。
最初は週1で、その後は月1程度のやり取りが法律事務所とありますが、面倒なことはありません。
手続きから半年程度はかかりますが、とても親身になってくれるので苦痛になることもありませんでした。

 

やっと先に明るいものが見え始めてきました。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する

 

債務整理をするということ

私は30歳独身。
買い物依存症とも言える状態で、カードで買い物をしまくった時期がありました。
当時、精神的に病んでいたとも言えるけど、考えが甘かったとも言えると思います。

 

買ったものはブランド物のバッグや靴、洋服や宝石、アクセサリー、化粧品にエステ代金などなど。
女子力UPの名目で、誰にも負けたくない思いでいっぱいでした。
合コンでも女子会でも、誰よりも目立ちたいと思っていました。

 

しかし、彼氏はできることなく、親友と呼べる存在もいませんでした。
残ったのは借金だけです。
気付かせてくれたのは、ダイエット目的で通い始めたヨガ教室の先生でした。

 

外面だけを磨こうとする私に、内面にもっと目を向けるようにと教えてくれたのです。
初めは意味が分かりませんでしたが、ヨガを通して精神統一をし、気持ちを落ち着けて物事を考えるようになり、いろんなことが見えてきたのです。

 

私はまず、もうどこからも借り入れることができないほど膨らんでしまった借金の返済を頑張ろうと考えました。
しかし、完済への道のりは長く、何度も何度も心が折れては、そのたびに買い物をしたい衝動に駆られるのです。
専門家のアドバイスを受けて債務整理ができるということを知る機会があり、私はそんな方法があったのかと救われる想いで弁護士さんを尋ねました。
結果的に任意整理をして、返済額はそれまでの半分以下となったのです。
これは私にとって、生き返るほどの喜びだったのです。

 

一方で、私は徐々にヨガにのめり込み、先生が教室を開くことを勧めてくれるようになったのです。
しかし、私は債務整理して借金を返済している身です。
教室を開くにも、資金の借り入れをすることは不可能なのです。

 

女性として勘違いをした女子力UPが買い物依存症に走らせ、多額の借金を背負い、それでも債務整理に救われたのですが、やはりそこへの責任は拭えないのだと実感した出来事でした。
頑張って完済して、いつかヨガ教室を開きたいと考えています。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する

 

借金の任意整理

借金癖は若い頃からありましたが、返済が難しくなるほど借金が増えてしまったのは2年ほど前からでした。
元々、クレジットカードを何枚か持ち、消費者金融からの借金も借りたり返したりしながら長い付き合いだったのです。
返済が滞りがちになったのは、私の自営業が上手くいかなくなったからです。
収入が激減したので生活が苦しくなり、その度に借り入れをしていました。
返済の目途はありませんでした。

 

弁護士に相談すると、任意整理を勧められました。
正式に依頼して委任の書類を作成すると、弁護士はすぐに債権者に督促をストップさせてくれました。
嘘のように催促の電話はかかってこなくなり、私はそれだけでもホッとしたものです。
あとは弁護士にお任せした状態です。
私がすることと言えば、裁判所に提出する書類を揃えるくらいです。
厄介な交渉や手続きは、全て弁護士がしてくれます。
こんなに楽をしていいのだろうかと罪悪感を感じるほどでした。

 

また驚いたことに長い期間の貸し借りがあったため、高い金利の見直しで過払い利息が戻ってくることも分かりました。
最終的に正式な負債総額を出していただき、私の場合4年で返済が可能だろうという見込みをいただけたので、任意整理の手続きを続行することになりました。
消費者金融との月々の返済金額についても、弁護士が交渉してくれたので本当に感謝しかありません。
当然ですが、個人では絶対にできないことなので、やはり相談して良かったと思います。

 

あとは和解内容に沿って毎月返済をしていくのみです。
弁護士には、全てが片付いてから費用の支払いをしました。
着手金などの不安も最初はありましたが、私の場合は最後にまとめて支払う形でした。
依頼して本当に良かったと思います。

 

毎月の借金返済額がいくら減額になるのか

診断するにはこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

借金がいくら減るか無料で診断する